樹木葬イメージロゴ

寺の永代供養とは

永代供養って何

樹木葬イメージ

永代供養って言葉ご存知ですか?永代供養とはお寺様による供養の事です。遺族に代わってお経をあげて、故人様を祀っていただくありがたい事なんです。そうです、永代供養って寺しかできなんです。民間資本の墓地が永代供養のついたお墓と称していますが、もともとお寺様とはご縁がないので、寺への依頼されるところが多いです。また昔からある村墓地・みなし墓地ではまず、永代供養はできません。村墓地・みなし墓地の場合、管理者が地元の地権者などが多く、地元の方のボランティアで成り立つお墓ですので、永代供養はちょっと無縁と思われます。

お寺様の永代供養は

桜下庭園樹木葬Eプレート

じゃあ、寺にあるお墓は全て永代供養されるんですか?そんな質問が多いのですが、そんな事はありません。各お寺には永代供養の規約があり、檀家様の希望によって永代供養の程度が変わります。すべて、お布施の金額で決まります。期間は33年が多いです。故人を祀るのに33年間、その方のために読経をするわけですから、お布施も大きいです。永代供養の依頼のない納骨は通常の納骨ですので、読経はありません。永代供養とは、お墓や納骨の形じゃなくて読経の事です

お墓の形は

桜下庭園樹木葬Mプレート

お墓の形は・・・
永代供養はお寺様によって、様々に違います。合祀であったり・位牌を祀る事であったり、2人しか入れなかったり、お墓の形は様々です。永代供養というのはお墓の形の問題ではなく、お寺様にどのように供養して頂くかが大事です。そして一番、大事な事は、そのお寺の過去帳に記載されて、篤信信徒として永代供養の期限、33年間、法要の時に名前を呼んでいただける事に永代供養の価値があります。


永代供養墓って何?

桜下庭園樹木葬Mプレート

じゃあ、永代供養墓とは何ですか?永代供養墓とは永代供養のついた(読経が約束された)お墓の事をいいます。また、寺が遺族に代わって読経をするので、守って頂く遺族は無いと判断されます。管理費ももらわないのが通常です。最近、家族の永代供養墓ができてきました。家族だけが入れるんですね。でも人数の制限があります。そして最も大きい特徴が最後の家族が入られてから、13年とか一定期間後に掘り起こされて、合祀されて、合同供養の対象になります。最後は合祀墓に入ってしまうんですね。
じゃあ、合祀されない永代供養のついた樹木葬はいかがですか
桜下庭園樹木葬へ

分からない事は電話で問い合わせください




桜下庭園樹木葬は電話で問い合わせください
電話料金不要:スマホの方はそのままタップ
お墓の事は、まずほとんどの方が分りません

メモリアル公園永代供養のギャラリー



分からない事は電話で問い合わせください


電話で問い合わせください
電話料金不要:スマホの方はそのままタップ
見学希望の方は、事前に資料を送付します
↓資料請求もこちらから↓

お墓の事は、まずほとんどの方が分りません
分からない事は電話が早いですね。
9時から8時まで村上が受信します

電話は得意じゃありません

電話問い合わせが不得意な方は、こちらにFAX用紙があります

A4で印刷して、FAX番号に送信してください。

パソコンのできる方、パソコンから資料請求が安心ですね
名前と住所だけで資料は届きます。電話番号は不要です




資料の中に、各宇治駅よりの、タクシーチケットを同封します
1100円分負担いたします。お帰りもタクシーか車での送迎です

タクシーで来園

Copyright(c) 2016-2026 光明寺参事村上. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com